MESSAGE®

街歩きリュックイメージ画像
街歩きリュックイメージ画像
街歩きリュックロゴ

両手をあけて街を歩く

両手をあけて街に出かけたら楽しみ方やできる事が変わってくる。
大切な人に手が届けばその手を繋ぐ事ができる。
自転車のハンドルを握って快適に街を移動できる。
つまづいてしまった人を両手で支え助けてあげられる。
両手を空けて街をもっと楽しむ為に
リュックを使用してお出かけしてみませんか。

愛される理由
「手仕事の良さ」と「革」の存在感

日本の職人が品質・機能・丈夫さにこだわり
手仕事でひとつひとつ作成しています。
見映えの美しい牛革を使用し
ハンドバッグのように、ファッションを楽しむデザインは
シチュエーションを選ばない使用を実現し
肩に負担がかからない軽い背負い心地は
驚きを覚えるほどに快適です。

街歩きリュックの特徴

たくさん入るのにスリムに見える
台形型のデザイン

底が広い台形型のデザインはA4サイズの書類や本を 収納してもかさばらない為、街中や電車の中など 人混みの中でもストレスを感じさせず色々な場所で 快適にお洒落を楽しめます。

街歩きリュックのデザイン

荷重分散技術を応用し
快適な背負い心地を実現

アウトドア用リュックの荷重分散技術を応用した U字型のつけ根と湾曲したストラップにより 背中全体に重みが分散される為、長時間使用しても 疲れにくい仕様になっています。

街歩きリュックの機能

肩に掛けたまま荷物の出し入れが
出来る実用的な設計

前側のU字型ファスナーポケットにメイン収納口の サイドファスナーの他にも後側ポケットがあり、 それぞれの収納口に荷物をつめても1ヵ所に負荷が 掛からないので型崩れがしにくくなっています。

「街歩き × リュック」 Online shop

街歩きのマチ「蔵前」で
生まれた
「おでかけ鞄」

街歩きといえば、若者に人気の「谷根千(谷中・根津・千駄木)」や、世界有数の観光地「浅草」などが人気を集めていますが、近年「蔵前」も注目されてきています。
蔵前は、古くから問屋が多く存在しモノづくりが盛んなことから、クリエイターや工房、ショップが集まっており、EAST TOKYOを代表する、カフェや雑貨店巡りなどで人気な街歩きスポットです。

その蔵前で1947(昭和22)年、小川一正商店として創業した同店(現 株式会社ガレージ)は和装小物が主流の戦後初期に、ヨーロッパスタイルのハンドバッグを販売し人気を博しました。
時代を越えて「手仕事」と「革」にこだわり、ものづくりの街「蔵前」で生まれた「街歩きリュック」は正に店の看板バッグとして、愛され続けている一品です。

Show case
Information

蔵前街歩きリュックのお店」では弊社オリジナル製品を販売しております。

〒111-0051
東京都台東区蔵前4-27-8
4-27-8 Kuramae Taito-ku Tokyo

TEL:03-3861-1081
OPEN:11:00~17:00
Close on Sunday(日曜日定休)

MESSAGE中野」では「街歩きリュック」をはじめ、こだわりのバッグを取り揃え、販売しております。
手仕事の良さを実際にお確かめいただけます。

〒164-0001
東京都中野区中野5丁目52−15
中野ブロードウェイ・1Fフロア内)
5-52-15 Nakano Nakano-ku Tokyo

TEL:03-3387-7500
OPEN:11:00~19:00

MAP